離乳食事情①
離乳食事情①






【離乳食は買う派?作る派?】


私は離乳食は買う派なんですが
やっぱり市販ってどうなの?って意見が多いと思うんです

最初は私も作ろうと食材買ってすりつぶしたんですが・・・
イマイチ味付けができなくて美味しくないんです(ToT)

そしてあぼーは本当に離乳食を食べない子で(ToT)
スプーンを持っていくと口を閉じてしまうんですよ(´д`|||)

そうすると作るのも辛かったりで・・・


そんなときに離乳食のコーナーを見たときに種類が豊富なのをみて、試しに買ってみたんです

どうせ食べないだろうし、余れば冷凍しようと思って
あと防災用の避難食用に保存もしたかったので

そんなかんじで購入してみたら
あぼー食べたんですよ~少しだけだったけど(笑)

全く食べなかったあぼーが食べたんです

やっぱりちゃんと調理されてるのは味付けとかも安心ですし・・・美味しいのか食べてくれるんですね
それから私の離乳食生活が少しずつ始まりました

今回は市販の離乳食はどうなのか?
オススメする理由など調べたので載せたいと思います!

またうちが使っているのは別でアップしますね





【市販の離乳食】


◎市販の離乳食は、厳格な審査基準をクリアして作って販売しています

『日本ベビーフード協議会』と『厚生労働省』による審査基準をクリアしたものが販売されています

◎基準は

 ・医学的、栄養学的な適切さ
 ・製品の大きさ硬さ、形状の適切さ
 ・アレルギー物質の規格
 ・残留農薬などの化学物質基準
 ・微生物の安全性基準
 ・オーガニック食材 有機食材
 ・鉄 亜鉛 DHA

こういったものをクリアしたものしか売っていないので安心です


市販の離乳食をオススメしていることを小児科医の先生が伝えている本もあります。


『小児科医のママが教える 離乳食は作らなくてもいいんです。』(工藤紀子著、時事通信出版局)





自分で離乳食を作ると必要な栄養素が取りづらいそうです

いくつもの栄養素を取るには食材も手間もかかります
それでもみなママは頑張って作ってます

本当に偉いと思います

愛情も感じますが、先生方がオススメするということは、栄養を取るのは難しいということですよね

上記に書いた項目をクリアして作られている市販の離乳食は赤ちゃんに必要な赤ちゃんのために作られているので栄養も取れます

味もちゃんとしてますしね

ここで私が伝えたいのは市販の離乳食が良いということより
市販の離乳食を偏見に見ている人がいるならばそれは違いますよってことを伝えたいです

自分で作らないからと愛情がないわけでもありません

ひとつの手として考えても良いのではないでしょうか
ママも少しは楽になると思います











★関連記事 : カテゴリ 『離乳食事情』『育児』

 ・離乳食事情②

 ・防災バッグ(赤ちゃん用の非常食)

 ・1ヵ月検診〜出産後1ヵ月目まで

 ・あぼーの予防接種記録

 ・4ヵ月検診 1〜4ヵ月間の様子

 ・5,7ヶ月検診 5~7ヶ月まで赤ちゃん(あぼー)と生活と成長

 ・9ヵ月検診 8~9ヵ月 赤ちゃん(あぼー)の生活と成長

 ・井の頭動物園 東京都

 ・お宮参り☆大宮八幡宮

 ・お食い初めとお食い初めの手順

 ・コンビ テテオマグ ☆ マグカップの進め方①

 ・リッチェル ストロー付きマグ ☆ マグカップの進め方②

 ・はぐくみ 粉ミルク

 ・セーフティベルト(チェアベルト)

スポンサーリンク

テーマ:離乳食 - ジャンル:育児

[2019/07/15 19:29 ] | 離乳食事情 | コメント(0) | page top
<<海ほたる 木更津アウトレットモール 千葉県 | ホーム | パンパース試供品>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |